« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005.10.30

天皇賞(秋)

今日、第132回 天皇賞(秋)(GI)がありましたね。
テレビで観ていたんですが、牝馬の「ヘヴンリーロマンス」が見事優勝!
馬券は買っていなかったのですが、昔の天皇賞(秋)を思い出しながら観てました。

オイラの思い出のレースは、1993年第108回 天皇賞(秋)
2000mはもたないだろうといわれた短距離馬「ヤマニンゼファー」が優勝したレースです。東京競馬場の直線での「セキテイリューオー」との叩き合いは見応え十分で、ゴールは鼻差での僅差。オイラの中での最高のレースです。
何を隠そう、オイラは当時、ヤマニンゼファーの追っかけ?でして^^;
同じ年の「安田記念」では689.7倍の馬券を頂きました^^v

それと、「スカーレットブーケ」も好きな馬でしたね。
とうとうG1は勝てなかったけど、なんとなく愛着があって好きだったんですよ。
何も考えないで彼女の馬券買ってました(笑

田舎に帰ってからは、PATで馬券を買ったりしてましたが、ダービーや有馬記念くらいしか買ってません。今は殆ど買っていません。。。

今日は、その事を思い出しながら観た天皇賞でした。

★このブログの最新記事はこちら★

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005.10.26

【F1】2007年からのF1

FIAが2007年から導入しようとしている

CDG(Centreline Downwash Generating )カー

F1の醍醐味であるオーバーテイクをやりやすくするためのエアロ案だそうで、「AMD」社と共同研究の結果。
大きな変更は、リヤウィングの真ん中が無く左右に分かれた形状になったこと。これによって、空気の流れが乱れず後方の車が接近しやすくなる。(とFAIは言っている)

また、この年(2007年)からはスリックタイヤが復活する模様で、よりグリップが増し、オーバーテイクシーンが増えそうだ。そして2006年限りでミシュランが撤退し、翌年からブリヂストンのワンメイクという噂もある。
と言っても、実際に走ってみないと分からない部分が多いのがF1の世界。どこまでこの言葉が信用できるか・・・

【参考リンク】
【F1 2005】FIA、左右に分割した斬新なF1リアウィングを提案
これが2007年『新エアロカー』だ

★このブログの最新記事はこちら★

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.10.25

7歳の大学生

7歳の韓国史上最年少の大学生が誕生したそうですね。
6歳で国家試験に合格(これも最年少記録)して、6歳?で小学6年生になり、その後9ヶ月で小学校から高校までの課程を終え、今月3日には高校卒業資格の認定試験に合格したそうな・・・
恐るべし!天才少年!

将来はノーベル賞でも受賞するような人物になるのでしょうか?
正しい道にその頭使うことを祈ってますよ!ボク!

★このブログの最新記事はこちら★

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2005.10.19

うるう秒

うるう年というのは知っているでしょう。
地球は太陽の周りを365.2422日かけて公転していて、1年を365日とすると4年で約1日ずれる計算になる。それを補正するために2月29日を設けているのが「うるう年

これとは根本的に違う「うるう秒」なるものがあるのをご存知か?
7年ぶりに来年の1月1日がそれに当たるそうで、1日の長さが1秒だけ長くなる。
午前8時59分59秒と9時0分0秒の間に「8時59分60秒」が挿入される。

詳細は下記を参照してくだされ。。。手抜きです(笑

今さら聞けない うるう  (朝日新聞)

★このブログの最新記事はこちら★

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005.10.18

フードフォース

昨日ニュースで紹介されていました。

フード・フォース 日本語版

内容を簡単に言うと、難民の人たちに食糧を供給するWFP隊員の体験型ゲームです。
実際の食糧援助の過程をシミュレートしたもので、先進国の人達に広く知ってもらうのを目的に国連世界食糧計画(WFP)が作成したもの。
全世界で数百万人?がやっているゲームだそうで、昨日KONAMIが日本語版の無料ダウンロードを開始しました。一時期はサイトに繋がらないほどの人気だったみたいです。

まだ、ダウンロードもしていませんが、時間があったらやってみようかな。。。

日本語版のサイトはこちら (子供向けと大人向けの2種類があるみたい)


そういえば・・・

米国、カトリーナ被災者の救援物資を他国に提供 (Exciteニュース)

はぁ?って感じ。
自国では危ないから食べない食料を他国に提供ってどういうことよ。
アメリカ国民だけよければ他国はどうでもよいってこと?
アメリカって意味分からん国だなぁ・・・

★このブログの最新記事はこちら★

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.10.17

【F1】第19戦中国GP

2005年のF1も第19戦中国GPで最後となった。
既にドライバーズチャンピオンはF・アロンソに決定しているものの、コンストラクターズチャンピオンはまだ決まっていないことから、最終戦の見所はルノーvsマクラーレンの争いに注目が集まった。

しかし、蓋を開けてみると、てんやわんやのレース。
スターティンググリッドに付く周回で、M・シューマッハーがクラッシュし、考えられないような展開で中国GPは開幕。
スタート後、ポールのF・アロンソがチームメイトのG・フィジケラの援護射撃を得て順調に差を広げていく最中に、コース上の異物(部品?)を取り除くため1回目のセーフティーカー(SC)が入る。その後、その異物を踏んだモントーヤがメカニカルトラブルでリタイヤ。
そしてカーティケヤンがクラッシュして2回目のSCが入り、F・アロンソのリードはまたしても帳消しに。アロンソ不運。。。
でも、今回のルノーは強かった。実質一度も首位を奪われる事無くF・アロンソが優勝。そしてコンストラクターズチャンピオンもルノーの手に。

日本人唯一のドラーバー佐藤琢磨は今回も良いところ無し。スタートで予選17位から一気に順位アップをしたものの、フライイングでペナルティストップを受け、35週目メカニカルトラブル(ギヤボックス)でリタイヤ。不運なのか実力なのか、本当に今シーズンはまったく良いところが無い琢磨だった。

M・シューマッハーも最悪のGPだったでしょう。
スターティンググリッドに付く周回で接触クラッシュ。2回目のSC先導中に単独スピンでリタイヤと、まったく考えられないようなミスで最終戦を終えた。去年までの「皇帝シューマッハー」の面影は全くなくなっていた。。。

これで2005年のF1も全て終わったわけだが、なんとなく後味が悪い。
トヨタのR・シューマッハーが3位表彰台というのが唯一の救いかな。。。

★このブログの最新記事はこちら★

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2005.10.13

さらば!「プロジェクトⅩ」

NHKの看板番組「プロジェクトⅩ~挑戦者たち」が年内で打ち切りとなった。
以前から、来年の春で打ち切りとの噂があったが、年内に早まった模様。

第1回放送「巨大台風から日本を守れ」(2000年3月28日放送)から179回(アンコールは除く)にわたって放送されてきた番組だったが、ネタ切れや過剰演出などで問題になるなどから視聴率の低迷が続き、NHK側もそろそろ潮時と判断したようだ。
海老沢前会長が好きだったと言われるこの番組を打ち切る事で、一連の不祥事によるイメージダウンを一掃するのが狙いか?
後番組には、一流の仕事を極める人を題材にした「プロフェッショナル 仕事の流儀(仮称)」を予定している。

子供に見せたい番組の1位にもなっている人気番組だったのだが、今年5月の放送では過剰な演出などにより問題になり、多少質を落とした感がある。また、最近はネタ切れでアンコール放送も多かったし、致し方が無いのかも・・・
出来れば全番組をビデオ等に残して、永久保存をしたい。再放送がある事を願っています!(たぶんするでしょう)

オイラの好きな番組の一つだっただけに非常に残念だ。

★このブログの最新記事はこちら★

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2005.10.12

【F1】M・シューマッハーの引退説

紅い皇帝「ミハエル・シューマッハー」の引退時期が密かに?ささやかれている。

2008年限りで引退するような発言をマネージャーが言っているようだが、あくまでも可能性であって確定ではない。というより、この世界はガセネタが多く、本当のことはその時になってみないと分からないというのが普通。
まぁ、何時かは引退するだろうけど、3年後の事なんて誰もわかりゃしない。明日になれば発言撤回ということだって十分にある。

ミハエルの功績は偉大だけど、F1をつまらなくした原因の1つは彼の存在があったからという気がする。それほど強く速かったということだけど。。。相撲で言えば「北の海」や「朝青龍」みたいなものか?(笑
誤解して欲しくないのは、ミハエルは好きなドライバーだし、決して彼の存在を否定しているわけではない。オイラの好きなフェラーリが長年低迷する中、コンストラクターズチャンピオンになれたのも彼のおかげだと思っている。推定年俸55億というのも現在のF1界では群を抜いているし、彼の実力の証明だろう。

ただ、弱いミハエルは見たくないし彼も望んではいない。
今後の展開によっては引退時期が2008年より早まる可能性だってあるだろうな。。。

★このブログの最新記事はこちら★

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.10.09

【F1】日本GP(鈴鹿)

2005.10.9 F1日本グランプリ(鈴鹿サーキット)

いやーなかなか面白いレースだった。

でも、終わってみれば、やっぱりマクラーレンとルノー。
彼らにはスターティンググリッドの順位は関係ないのかもしれない。
17位スタートのキミ・ライコネン(マクラーレン・メルセデス)が優勝、16位スタートのF・アロンソ(ルノー)が3位なんだから、もうこの2チームのマシンは別次元に逝っちゃてるね。
アロンソがM・シューマッハを130Rでぶち抜き、最後にライコネンがフィジケラを1コーナーでオーバーテイクしたシーンなどは本当に鳥肌ものだった。
それにしても最近のオーバーテイクって、以前から比べるとアウトからのが多くなってますね。それだけ自分と相手の腕を信用しているって事なのかな?抜く方も抜かれる方も高い技術が要求されるはずなので、危ない相手ならリスクを背負って外からは抜かないはずだし。

さて、予選1位のトヨタ(R・シューマッハ)は3ストップ失敗の8位、予選2位のホンダ(J・バトン)は、給油口のトラブルなどで5位と振るわず、佐藤琢磨はスタート直後の1コーナーでコースアウトして最後尾まで順位を下げ、挙句の果てにトゥルーリと接触し、良いところが全くなしの状態で残念な結果でした。(レース後、琢磨はトゥルーリとの接触の件で今回のレース結果から除外される処分を受けた)
ただ、トヨタの場合は一週目のモントーヤのクラッシュでセーフティーカーが入ったため、作戦が台無しになったという誤算があったのも残念だったけど。。。
勝負事に「もし・・・だったら」というのは禁句だけど、トヨタにしてみれば「もし・・・」と思っていることだろう。
意外と頑張ったのが、M・ウェバー(ウィリアムズBMW)とD・クルサード(レッドブル)

オイラの独断と偏見ですが、現時点での

最高のドライバー:キミ・ライコネン
最高のマシン:ルノー
最速のマシン:マクラーレン・メルセデス
信頼性の高いマシン:ルノー
総合的には:ルノー&アロンソ

好きなチーム:フェラーリ
好きなドライバー:キミ・ライコネン、M・シューマッハ

といったところかな。
マクラーレンにルノー並の信頼性があったら文句無くNo.1なのだが・・・
と言ってしまうと、ルノーにマクラーレン並の速さがあったらNo.1となってしまうので、この仮定は意味が無いとも言えるけどね(笑
何れにしろ、この2チームと2人のドライバーが現時点では群を抜いている。その証明が今回のレース結果に出ているし、誰もが認めるところだろう。

★このブログの最新記事はこちら★

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2005.10.06

電車男か昏睡強盗か・・・

今日の記事ネタは

電車男・もう一つの最終回SP」か

メキシコで売春婦による昏睡強盗が激増、5人が死亡」か・・・

悩むところだ。

電車男については、みんなが話題にすると思うので、「本編より面白かった!」とだけ言っておこう(笑

でだ!
メキシコで売春婦による昏睡強盗が激増、5人が死亡 (exciteニュース)

なのだが、結局は「美人局」の反対版と言ったところか。
普通なら「ふーん」で終わるのだが、これは死亡者が出ているというので「是非とも紹介せねば!」と正義感を振りかざし、「電車男を振り切っての今日のネタ」にしたというわけだ。

どんな事件?かというと、まず、売春婦が男を誘って巧みに飲み物を勧める。それには「塩酸シクロペントラート」という物質が入っていて、アルコールと混ぜると、心臓疾患を持つ人にとって致命的な物質が生成されるという。
この物質は、目薬などに使われているので、昔から言われる口説く時に使う「お酒に目薬」は道理に叶っていることになる。
が、しかし、かなり危ないことでもあるようだ。
そこのアナタ、一時的な欲望のために「殺人犯」になりかねないということだけは覚えておいたほうが良い。

しかし、今回のニュースはそれだけでは終わらない。
売春婦も考えたもので、飲み物を飲まなくても、自分のBチクに薬を塗っているそうな。
そりゃ舐めるわな・・・それが目的だもの(爆

あの手この手で金を稼ぐ。
金が絡むことは本当に怖いですねぇー。。。お気を付けあれ!

★このブログの最新記事はこちら★

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.10.04

【アルコール表示】度と%の違い

アルコールの度数表示で、日本酒や焼酎は「」なのに、ビールやワインは「」の表示なのはなんでだろう。。。
そもそも、「度」と「%」は違うのか?

そんな疑問にお答えする本日の「fmfm」

答)「度」も「%」も同じです! ←いきなり答えです。

酒税法で決まっているらしく、どちらの表現も、15℃時に酒に含まれるエチルアルコールの容量の比率を表している。(酒税法では「度」が正しい)
100mlに10mlのエチルアルコールが含まれていれば度数は10度、つまり10%という事になります。これはメーカーの判断でどっちの表記にするか決めているらしい。
ただ、ワインなどは「○○%未満」という表記になっていますが、他の酒類と違って、アルコールや水を加えて調整はしない。つまりその年のぶどうの糖度などで度数が変わるため、酒税法でこのような表記が許されているそうです。「○○%未満」というラベルを作っておけば毎年使えるって事ですね。

ちなみに、ウイスキーなどで「proof(プルーフ)」という表現もあるようで、100プルーフはアメリカ式では50度、イギリス式では57度との事。んー紛らわしいなぁ。。。

あまり気にしていなかった「」と「」ですが、これで1つfmfmネタが増えました(笑

★このブログの最新記事はこちら★

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.10.02

【爆】エキゾーストノート?

とりあえず貼っておきます。

これって18禁なのかなぁ。。。

あんあん、あーんあーん (pya!)  (追記:音量に注意です)

最近短い記事ですみません^^;

★このブログの最新記事はこちら★

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »